*

ワーキングホリデー(ワーホリ)の費用は国別で違う?安い国を紹介!

ワーキングホリデー(ワーホリ)の費用は国別で違う?安い国を紹介!
ワーキングホリデー制度とは、
二国・地域官の取り決めに基づいて、

各々が相手国・地域の地域の青少年に対し、
休暇目的の入国及び滞在期間中における旅行・滞在資金を
補うための付随的な就労を認める制度です。



勉強しながら働けるのが魅力の1つで、年間1万人が渡航しています。


現在、日本と制度の協定を結んでいる国及び地域は16に登ります。

様々な国・地域があるので、もちろんかかる費用も様々です。
今回は費用が比較的安い国をご紹介致します。



Sponsored Link




ワーキングホリデー制度の使える国はどこ?



ワーキングホリデー(ワーホリ)の費用は国別で違う?安い国を紹介!1

1980年に日本とオーストラリアでワーキングホリデー制度を開始し、
2016年にはスロバキアやオーストリアが追加されました。


今現在ワーキングホリデーで訪れることができる国は、

オーストラリア、
ニュージーランド、
カナダ、
韓国、
フランス、
ドイツ、
イギリス、
アイルランド、
デンマーク、
台湾、
香港、
ノルウェー、
ポルトガル、
ポーランド、
スロバキア、
オーストリア

です。

ワーキングホリデー制度は
あくまで休暇目的であり、
アルバイトなどの就労は一定の枠内で行わなければなりません。



Sponsored Link




国ごとに違う!ワーホリでかかるビザ申請の費用はいくら?国別に紹介!



ワーキングホリデー(ワーホリ)の費用は国別で違う?安い国を紹介!2

まず、ワーキングホリデーで渡航するにあたり、
実費で賄わねばならないのがビザ申請料などです。

ビザ申請料は国によって違いますが、
英語圏ではニュージーランドとアイルランドがビザ申請料不要です。


それ以外の英語圏で
一番安いのはカナダで、15,000円ほどかかります。

オーストラリアでは35,000円ほどとかなり高いです。


非英語圏で最も高いのはノルウェーで、48,000円ほどします。
韓国、台湾、香港などアジアの国ではビザ申請料は無料です。

行きたい国が決まったら、
まずはビザの申請料をチェックしなければなりません。





ここまで違う!航空券や生活費など物価など国別の費用



ワーキングホリデー(ワーホリ)の費用は国別で違う?安い国を紹介!3

航空券や生活費は
前もってワーキングホリデーに参加する方が負担しなければならない費用です。



滞在する時期や、
ライフスタイルでも大きく変わりますが、
税金や物価によって安い国と高い国の差が出てきます。


物価が安いのは台湾、韓国、香港などのアジアの国と、東欧のスロバキアです。

物価は3分の2から半分ほどですので、
日本より生活必需品が安く買えます。


しかし、韓国は日用品が日本の倍くらいする場合もあるので、
大きなスーパーマーケットで買い物をする方が良いです。


英語圏ではオーストラリア、カナダ、ニュージーランドがお得です。
ヨーロッパ圏は概して高いと言えます。


航空券もアジア圏ならタイムセールで1万円代から販売されることもあります。
英語圏ですと往復航空券で、
オーストラリアやニュージーランド、カナダが15万円ほどからあります。


ワーキングホリデーで行ける人気で安い国はどこ?



人気の国はやはり、英語圏の国でしょう。
英語ができれば、仕事の幅も広がります。

日本人がワーキングホリデーで訪れる英語圏の国で、最も安く行けるのはニュージーランドです。


住居費が年間で300,000円と、イギリスの3分の2ほどで済みます。

トータルで見ても、支出の合計は約12,000,000円と、
イギリスに行くのに比べると600,000円以上も安く済みます。


また、オーストラリアも授業料が2,700,000円と割安ですので、
1年間にかかる費用はおよそ13,000,000円です。


アイルランドは支出も多いですが、
ビザ申請料もかかりませんし、
アルバイトで得られるお給料も高いのでトータルで見ればイギリスより安く1,500,000円ほどです。


もし英語圏で安く済ませたいのなら、
ニュージーランドかオーストラリアをおすすめします。


ワーキングホリデーは
若い間に貴重な体験をできるものですので、
費用にも余裕を持ちたいところです。


習得したい言語や学びたいこと、
行きたい旅行場所などを総合的に考えて選びましょう。



↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

この記事は、以上で終わりですが、
他にも面白い記事をたくさん作ってあるので、
良ければ読んでいって下さい。(^^)

スマホでご覧の方は、
下の方までスライドしていくと
他の関連記事が紹介されています!(^^)

思ってるより、
かなり下の方までスライド出来ますよ(笑)


最後まで読んでいただきありがとうございました。
では、また他の記事で(^^)/~~~



Sponsored Link




こちらもよく読まれてます!




関連記事

no image

長島スパーランドの割引券ゲット方法まとめ!やはりコンビニが最強?

ジェットコースター以外にも夏になれば 海水プールでも遊べてしまう長島スパーランド。

記事を読む

長島スパーランドのアクロバットは超怖い?口コミ・感想まとめ!

長島スパーランドのアクロバットは超怖い?口コミ・感想まとめ!

2015年の夏、長島スパーランドに誕生した 日本で唯一のフライングタイプのジェットコースタ

記事を読む

渋滞で一番早い車線!高速にも一般道にも使える超意外な法則が?

渋滞で一番早い車線!高速にも一般道にも使える超意外な法則が?

どうも、ヤンユーです。(^^)/ 今日も、 『ヤンユーの噂のデートスポット東海』 にお越し

記事を読む

ワーキングホリデー(ワーホリ)の年齢制限が引き上げ?国別一覧も

ワーキングホリデー(ワーホリ)の年齢制限が引き上げ?国別一覧も

ワーキングホリデー制度は 日本では1980年に、オーストラリアと協定が結ばれたもので、

記事を読む

2016-2017年末海外旅行!まだ間に合うオススメ安い穴場スポット!

2016-2017年末海外旅行!まだ間に合うオススメ安い穴場スポット!

2016-2017年の年末海外旅行には ベトナムがおすすめです! もちろん、その

記事を読む

キャンプ料理

キャンプ料理の初心者や子供におすすめ!簡単でおしゃれな料理!

  どうも、ヤンユーです。(^^)/   もう

記事を読む

スシロー90円セール2017の期間!いつも混んでる?混雑時間はいつ?3

スシロー90円セール2017の期間!いつも混んでる?混雑時間はいつ?

安くて美味しい回転寿司のお店、スシローですが、 実は90円セールをやっている時期があるのを

記事を読む

雨の日でもできるスポーツまとめ!人気のおすすめ室内スポーツ10選

雨の日でもできるスポーツまとめ!人気のおすすめ室内スポーツ10選

どうも、ヤンユーです。(^^)/ 今日も、 『ヤンユーの噂のデートスポット東海』 にお越し

記事を読む

空中ヨガとは!?

空中ヨガを名古屋や岐阜や静岡で体験?出来る場所や料金を紹介!

空中ヨガをやりたい!(^^) 名古屋、岐阜、静岡で 体験出来る場所や料金を紹介します!

記事を読む

バーベキュー東海地方2016!無料や手ぶらで遊べるおすすめスポット

バーベキュー東海地方2016!無料や手ぶらで遊べるおすすめスポット

夏は川で、高原で、大自然の中で みんなでわいわいバーベキューをしたい季節です。 バー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


eスポーツとはなに?種目になってるスマホアプリやゲームについても3
eスポーツとはなに?種目になってるスマホアプリやゲームについても

皆さんeスポーツという言葉を聞いたことはあるでしょうか

3D肝試しのストーリーが怖いって本当?呪われた廃屋の続編はある?1
3D肝試しのストーリーが怖いって本当?呪われた廃屋の続編はある?

スマートフォン用アプリとして 無料配信されている

サイレントヒルのシリーズで一番怖いの&おすすめは?順番はある?1
サイレントヒルのシリーズで一番怖いの&おすすめは?順番はある?

コナミから発売されている 人気ホラーゲームである

黒子のバスケのキャラソンでおすすめは?デュエット・ソロ別に紹介!

2012年の4月からスタートした アニメ『黒子の

がっこうぐらしの原作が12巻で完結!発売日はいつ?11巻までの考察も1
がっこうぐらしの原作が12巻で完結!発売日はいつ?11巻までの考察も

まんがタイムきららフォワードにて 2017年から連載

→もっと見る


  • はじめまして。ヤンユーです(^^)

    この度は当ブログ
    『ヤンユーの噂のデートスポット東海』

    へお越し下さりありがとうございます。m(__)m

    当ブログは、
    東海地区のデートスポット紹介だけではなく、

    イベントや普段の生活の過ごし方など
    パートナーとの時間を有意義に過ごす方法

    等を皆さんと共有できるよう
    日々気になった事や
    面白かった事も紹介していきます。

PAGE TOP ↑