*

Dグレの泣けるおすすめシーン5選!登場人物(主要キャラ一覧)紹介も!

公開日: : 漫画, テレビ番組


Sponsored Link


「D.Gray‐man」(以下Dグレ)は、

2004年に週刊少年ジャンプで連載されてから、もう10年以上も続く長期連載作品。

数々の休載を重ねながらも今でも人気が衰えない作品です。

世界終焉を謀りAKUMAの製造者である千年伯爵と対抗する存在のエクソシストたちとの闘いが描かれる、

出会い・成長・別れがちりばめられたストーリー。

Dグレの泣けるシーンは沢山ありますが、

その中でも泣けるおすすめのシーンを5場面と登場人物(主要キャラ一覧)を紹介します。

Dグレの泣けるおススメシーン5選

Dグレの泣けるおすすめシーン5選!登場人物(主要キャラ一覧)紹介も!3

Dグレの中の名シーンの中でも涙がほろり、思わず泣けるおすすめのシーンの5種類はこちらです。

アレンがスーマンを身を挺して助けようとする

咎落ちしてしまいAKUMAだけではなく全てを滅ぼそうと暴走するスーマン。

自分の身がどうなっても構わない、イノセンスを発動してでもスーマンを止めようとするアレン。

自分の為に必死になってくれたアレンの姿から元の心を取り戻し、

申し訳ないとアレンにつぶやくスーマンの最期のエピソードと

リナリーがアレンの無事を喜び、おかえりなさいと迎えるシーンに涙が出ますね。

救出したアレンから行動を止めたことを責められるリナリー

巻き戻しの街で自爆するAKUMAの魂を救おうとするアレンを、

自爆から守る為にアレンを救うリナリー。

結果アレンを救うことは出来たが、AKUMAの魂は救えなかったことを悔やむアレン。

激高するアレンを引っぱたいて、仲間だから助けたに決まってる!と泣きながら訴えたリナリーの心情にじぃん。

後で謝るアレンをまた怒るリナリーまでの一連のエピソードが、

切ないながらも2人の仲間愛が見られ、ほんわかときます。


Sponsored Link


結晶化されたイノセンスから解放されたリナリーがラビに問う

リナリーの言う世界=仲間のことで、変わってしまった自分はまだ仲間でいられるかどうかを問いかけるリナリー。

ラビが彼女を抱きしめながら泣きながら馬鹿野郎…と呟くシーンがまたリナリーへの想いと併せて泣けます…。

絵画を見て養父のマナを思い出して自分の決意を語るアレン

Dグレの泣けるおすすめシーン5選!登場人物(主要キャラ一覧)紹介も!1

よくマナがアレンに伝えた言葉の「立ち止まらず歩き続けること」を胸にエクソシストとして歩き出すことを決意するアレン。

アレンの生き方がここから始まったのだと思わずじぃんとくるシーンです。

神田がアレンの名前を初めて呼ぶ

第二エクソシストとして神田と共に生まれたアルマが、実はAKUMAとして覚醒していた。

アルマの心も救おうと黙っていたアレンに対していつもいがみ合っていた神田。

ずっとアレンのことをモヤシと呼んでいた神田が、

初めてアレンと名前を呼んで礼を言う印象的なシーン。

アルマ編は全編とおして涙を誘いますが、険悪な相手が初めて名前を呼ぶこのシーンが印象的ですね。

登場人物(主要キャラ一覧)紹介

Dグレの泣けるおすすめシーン5選!登場人物(主要キャラ一覧)紹介も!2

Dグレのストーリーに欠かせない主要キャラ4人の紹介を一覧にしてまとめました。

アレン・ウォーカー

身長:168cm→169cm→(現在)174cm 

体重:58kg→55kg→(現在)56kg

年齢:15歳~16歳くらい 

誕生日:不明 (マナに拾われた日は12月25日)

一人称:僕

主人公。エクソシストの一人。とても優れた筋力の持ち主で指での腕立て伏せを300回をこなすほど。

酷い方向音痴でアルコールが苦手。

不幸体質でジャンケンが特に弱い。

好きな女性のタイプは料理上手な人。

基本は敬語口調で穏やかな性格だが、感情が激高したりすると敬語を使用せず性格も激変し黒アレンになる。

神田ユウとは犬猿の仲でモヤシ扱いをされる。

リナリー・リー

身長:166cm→(現在)168cm 

体重:48kg

年齢:16歳→(現在)17歳 

誕生日:2月20日

一人称:私

ヒロインで珍しい女性のエクソシスト。穏やかで心優しい黒髪のツインテールの美少女。

幾多の戦を経てツインテール→ベリーショート→ボブ→セミロングと髪型が著しく変化。

自己犠牲心が嫌いな為に、仲間の自己犠牲精神を見ると怒りと悲しみを発する。

神田ユウ

身長:175cm→177cm→(現在)180cm 

体重:61kg→59kg→(現在)63kg

年齢:18歳→(現在)19歳 

誕生日:6月6日 (第二エクソシスト誕生日)

一人称:俺(オレ)

エクソシスト。フロワ・ティエドールの弟子。

作者公認の美形キャラで、切れ長の目と黒髪ポニーテールがポイント。

クールな外見とは逆に短気で無鉄砲。一匹狼で単独行動を好み、自他ともに厳しく批判も多い。

アレンとは険悪の中だが根っこは似ているところもある。

第二エクソシスト化により異常な回復力と身体能力、AKUMAの血への耐性が強い。

ラビ

身長:177cm→179cm→(現在)185cm 

体重:68kg→62kg→(現在)64kg

年齢:18歳→(現在)19歳 

誕生日:8月10日

一人称:オレ

エクソシスト。ブックマンの次の後継者。語尾が~さ。たれ目で右目に眼帯。

軽薄な印象とは逆に記憶力・分析力などに非常に長けている。

好きな女性のタイプは未亡人で10~40歳が好みの年齢幅。

性格より顔や色香の外見重視で好みのタイプを見つけるとすぐ一目惚れしやすい。

Dグレの泣けるおすすめシーン5選!登場人物(主要キャラ一覧)紹介も!のまとめ

エクソシストと千年伯爵の対決と言う分かりやすい軸で展開し、

沢山のキャラが登場し、それぞれに泣けるセリフやシーンが満載のDグレ。

ダークな設定なだけに生死をかけた戦いや仲間同士のエピソードが満載なので、

思わず涙のシーンが多いところが魅力的です。

登場人物のはっきりとした書き分けや、繊細で綺麗な絵柄も注目ですね。

長期連載ではありますがまだコミックの巻数はそれほどで多くはないので、

興味がある方は是非少しずつでも読み進めてはいかがでしょうか。



↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

この記事は、以上で終わりですが、
他にも面白い記事をたくさん作ってあるので、
良ければ読んでいって下さい。(^^)

スマホでご覧の方は、
下の方までスライドしていくと
他の関連記事が紹介されています!(^^)

思ってるより、
かなり下の方までスライド出来ますよ(笑)


最後まで読んでいただきありがとうございました。
では、また他の記事で(^^)/~~~



Sponsored Link




こちらもよく読まれてます!




関連記事

黒執事のシエルやセバスチャンが怖いシーンは?2人のキャラソンも!1

黒執事のシエルやセバスチャンが怖いシーンは?2人のキャラソンも!

2006年10月より月刊Gファンタジーにて 連載中の漫画黒執事。 今回の記事

記事を読む

まどマギの魔女や使い魔は怖いけどかわいい!名前や性質についても!1

まどマギの魔女や使い魔は怖いけどかわいい!名前や性質についても!

2011年1月から4月まで放送された 大人気アニメ魔法少女まどか☆マギカ。

記事を読む

だかれたい男一位に脅されています(アニメ)の声優さんは誰?感想も!

2018年10月〜12月まで放送されていたアニメ 『抱かれたい男一位に脅さ

記事を読む

フルーツバスケットのアニメ2期(2ndシーズン)の放送日はいつから?

高屋奈月先生による漫画作品 『フルーツバスケット』 2019年に再ア

記事を読む

坂上恵 職業 年齢 性別

坂上恵がマツコの知らない世界に!気になる職業は社長?年齢や性別も

どうも、ヤンユーです。(^^)/ 坂上恵さんが『マツコの知らない世界』に登場し

記事を読む

浦島坂田船の日常の放送日や放送地域は?OP・ED主題歌の情報も!

ショートアニメ『浦島坂田船の日常』が 2019年10月からスタートします!

記事を読む

僕らはみんな河合荘の聖地は岐阜のどこ?高校や本屋!岐阜駅も?

僕らはみんな河合荘の聖地は岐阜のどこ?高校や本屋!岐阜駅も?

こんにちは(*^^*) 今回は「僕らはみんな河合荘」という作品の聖地やモデルに

記事を読む

来世は他人がいいの4巻の発売日!ピクシブコミックで読めるって?

こんにちは!今回は小西明日翔先生の描く極道ラブストーリー 『来世は他人がい

記事を読む

幽遊白書の蔵馬と飛影の出会いのシーンは?それぞれの初登場も!3

幽遊白書の蔵馬と飛影の出会いのシーンは?それぞれの初登場も!

幽遊白書は25年以上前に完結したジャンプ黄金期の作品のひとつですが、今も根強い人気が

記事を読む

男子高校生の日常名シーン・名言は風以外に?漫画とアニメの違いも!5

男子高校生の日常名シーン・名言は風以外に?漫画とアニメの違いも!

2009年5月から2012年9月まで ガンガンONLINEにて連載された漫画 男

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • はじめまして。ヤンユーです(^^)

    この度は当ブログ
    『ヤンユーの噂のデートスポット東海』

    へお越し下さりありがとうございます。m(__)m

    当ブログは、
    東海地区のデートスポット紹介だけではなく、

    イベントや普段の生活の過ごし方など
    パートナーとの時間を有意義に過ごす方法

    等を皆さんと共有できるよう
    日々気になった事や
    面白かった事も紹介していきます。

PAGE TOP ↑